古代ギリシア展に行ってきたら奇しくも都知事選に思いを馳せることになってしまった

国立博物館で開催されている古代ギリシア展に行ってきた。 行ってきた A photo posted by Kota UENISHI (@kuenishi) on Jul 30, 2016 at 12:07am PDT 古代ギリシアの民主制 Lamport が失敗だったという The part-time parliament の話を聞いてる人とか、世界…

GPG鍵を作って運用し、Git(hub)やMercurialで自分が書いたコードに署名をする

自分が書いたコードに署名をしておくことはプログラマの常識であり基本動作です(かくいう私もメールは署名してないけど…)。なので私も一人前のプログラマになるべく、自分が書いたコードに署名をするようにしてみた。 GPG 鍵を作ったり準備したり GnuPGの…

転職エージェントについて

さて先日いくつかの転職エージェントと接触したので、その経緯や結末をうまくボカしつつここに記しておくことにする。日曜の午後のヒマつぶしになると幸いである。狭い業界、知り合いの方が多いのだがなぜ転職エージェントにアクセスしてみようと思ったかと…

長時間作業するための快適そうなキーボードまとめ

学生時代は大学の情報センターにHHKBが常備され、研究室でも HHKB Pro2 をずっと使っていた。前職時代に手首に違和感を感じたこともあったが、今の職場で同僚が Kinesis を使っていたので 在宅勤務環境を整備した - kuenishi's blog の際に私も Kinesis を使…

Stellar Consensus Protocol

筑波大の川島さんに教えてもらって読んだ論文 The Stellar Consensus Protocol: A Federated Model for Internet-level Consensus がけっこう面白いので、紹介しようと思う。 32ページの長文で証明つきなのでガッツリ読み込めたわけではないのだけども。。。…

分散プログラミングモデルおよびデザインパターン

同名の某記事について。僕がタイトルから想像する期待を、なんだか意外な方向に裏切ってくれた記事であった。批判するだけではよくないので、同じタイトルで僕ならどういう話になるか…という話をしよう。絵のない長文だ覚悟して読め(ΦωΦ)フフフ…。 分散プログラ…

クラウド時代の分散データベースを支える技術の応用と進歩

teespring.com分散データベースというのは、それ単体でもとても難しい、データベースと、分散システム双方の技術の粋を結集して実現されるアプリケーションだ。これをサービスといったり、ミドルウェアといったりする場合もあるが、今回は技術を応用してつく…

エンジニアCROSS 2016で登壇してきました

一昨年も似たような感じで参加したのだけど、今年はちょっと違うセッションで。当日の様子はTogetterに残っているのでそちらをご覧いただくとして、私はビール3缶を開けて非常に上機嫌になっていたので、後半、私が何を言っていたのか分からなかった方も多い…

2016年になりました

写真は、四谷の坂本 (tabelog) で買ったお節料理。とてもうまい。ついに2016年になった。 2015年を振り返る 2015年を振り返ろうとしたら、先日書いた記事に実際ほとんどまとまってしまっていて、特にまとめることもなさそうだった。昨年は対外発表とか勉強会…

msgpack-erlang 0.4.0 to 0.3.5 をリリースしました

これはErlang Advent Calendar 2015 - Qiitaの11日目の記事だ。本日、 OTPの17と18のみに対応して古いOTPで動かなくしてコードがシンプルになった 0.4.0と、R16以前でも動く0.3.5をリリースした。 0.4.0 は別に新しい機能があるとかそういうわけじゃないのだ…

写真で振り返る2015年のpyspa活動まとめ

本年お気に入りの一枚。これはPyspa 2015アドベントカレンダーの記事だ。今年もどうやらPython温泉が開催されたようだが、わたし自身にはわたしのブログの一年間の記事を見通しても特に何もなかった。せいぜいが開発しているソフトウェアの最新版が1.5から2.…

次世代ウェブカンファレンス #nextwebconf に参加できませんでしたのでお詫びします

去る10月18日に行われた次世代ウェブカンファレンスは、わたしもサーバーアーキテクチャーというセッションにスピーカーとして呼ばれていた。わたしも話す気満々だったが、当日の朝になって次男が発熱してしまい家庭の予定を変更して妻は次男、わたしは長男…

リアルタイム処理はコストが高い

ということをビジネスで理解している人は少ない。コンピューターの世界では常識なのだが、あなたのそのリクエストは本当に期限が必要ですか?

札幌へ行ってきました

DB Techshowcase Sapporoの開催に合わせて札幌に行ってきた。まずはニッカの余市蒸留所に行ってきた。本当にウィスキーを作っていた(当たり前である)。宮城峡を訪れたときに行って非常に楽しかったので、今度も…と思って行ったらスッカリ観光地であった。…

路上の自転車とマナーと嘘つきの人生

歩道を歩いていると、正面から自転車がやってくる。まあまあ人通りのある時間帯だ。とくに気にせず歩く。自転車も進んでくる。よけない。こちらもよけない。あわやぶつかる一秒前、こちらが躊躇して歩みを止める。自転車は少しだけ向きを変えてすれ違ってい…

リアルタイムとバッチの違い

昨日、分散DB本読書会のあとに品川のラーメン屋でリアルタイムとは何ぞや〜みたいな話になった。自分の思いついたポエムをここに書いておこう。現場の問題とはあまり関係がない。Stream Data Processing: A Quality of Service Perspective (Advances in Dat…

Vガンダムを(やっと)観た

さて宇宙世紀シリーズはほとんど観たしなあ…楽園追放面白かったけど、バンダイチャンネルで観たアルドノア・ゼロはイマイチだったなあとか考えていたところで、次は何にするかなあとボンヤリとバンダイチャンネルをウロウロしていたところ、うっかり間違えて…

今更ストレージサーバーをFreeBSDとZFSで組んだ話

家にTimeCapsuleが2台あって、Mac miniも一部ストレージサーバーになっていて、デスクトップマシンにDVDを保存していて、しかも写真はS3にバックアップしてたんだけど、そろそろMac miniが一杯になってきて…という、まあいろいろ限界に近づいていたので我が…

QConTokyo 2015 で喋ってきました

QCon Tokyo 2015 Conference|QCon 東京 2015 カンファレンスQConTokyo 2015で、データベースアーキテクチャーの動向と使い分けというお題で発表する機会があった。Bashoは2014年2015年にかけてQConのグローバルなゴールドスポンサーをやらせてもらっていて…

「技術」という言葉について

とくにソフトウェアとかインターネット的な世界のはなし。典型的な用法は「〜〜という新しい技術を仕事で使いたいのだけど、上司が許可してくれない」というものだ。この〜〜には、たとえばちょっと前だとLAMP, Ruby on RailsとかAWSとかHadoopだし、今だと…

キッチンライフを少しだけ楽しくする課金アイテムKitchen Aid

我が家では家事を楽にするための設備投資は推奨されている。最新の課金アイテムはキッチンエイドのスタンドミキサーというやつだ。これの便利さは折り紙つきで、なにせ手を汚さずにいろんなものを混ぜることができる。海外の料理番組では「キッチンエイドの…

Papers We Love というコミュニティ

第4回 システム系論文輪読会 - connpassが開催されると聞いて、思い出した話。日本だと、○○読み会という形で、特定の国際会議の論文をうわぁーっと集中的に輪読するコミュニティはいくつかあるけど、ある分野なりをまとめて回し読みしようという試みはないよ…

出張でシアトルに行ってきました

Bashoではリモートワークが基本なのだが(もちろん一部にオフィスもあり通勤している人もいる)、年に何度か社員が集まっていろんなことをする機会がある。詳しくは述べないが、オンラインでできないことをやることが目的だ。行きの飛行機では映画を2本観た…

Netflixのモダンなクラウドベースのプラットフォーム

生活リズムが乱れることがしばしばあって、たとえば遅くまでプログラミングの仕事やネットサーフィンをすると脳が興奮してなかなか寝付けない。もともと寝付きが悪くて、遠足の帰りのバスも一人だけずっと起きてるような子供だったのでまあ仕方がない。さら…

Riak Meetup #5 を開催しました

Riak Meetup #5 を開催した。足掛け2年以上、ひっそり長く続いてよい感じだと思う。同日に今をときめく会社が開催するMackerel MeetupやSecure AWS Users Groupがあったりして参加人数を懸念していたが、それなりに濃い話がみんなとできて非常によかった。ぼ…

Riak の運用とかについていくつか

Riak Meetup Tokyo #4 その後の運用の話という記事が出てきて、わりとカジュアルな運用の場合だとあれだけでも十分かもしれない。のだけど、本当はもっといろんなことができて、いろんなことに対応できるのでその基本的な扱い方や考え方をいま流行りのQiita…

Riak Core の紹介

Erlang アドベントカレンダー 2014の23日目の記事です。Erlang/OTPでアプリケーションを書いていると、システムを冗長化するために複数ノードでうまく協調動作するようにさせるために、Distributed Erlangの上に構築されたFailoverやTakeoverを使う場面がい…

riak_test でインテグレーションテストの自動化

Erlangアベドントカレンダー16日目の記事。CROSS 2014で分散システムのテストがどうのという話になったときにぼくは riak_test をちょっとだけ話したが、それをもうちょっと詳しく説明しておこうと思う。ちなみに2年前もちょっとだけ紹介していた。 is 何 Ba…

ビッグデータ基盤技術勉強会で喋ってきた

研究会が設立されるとか、前からそういう流れになるとは聞いていたが、今日(11日)に開催されたビッグデータ基盤技術勉強会に参加して発表してきた。招待してくれた川島先生には感謝しかない。それにしてもあれ研究会じゃないの、ビッグデータとかいまさら…

Erlangアプリケーションを node_package で簡単パッケージング

この記事はErlang Advent Calendar 2014の9日目の記事です。Erlang/OTP でサーバー作ったあとのデプロイはわりと大変だ。リリースをわりと念入りに作っておいても、ディレクトリ構造がややこしかったりいろいろと面倒らしい。ぼく自身は運良くそういう問題は…