読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linus, Subversion/CVSについて再び語る

超訳(via /.):

一方でGitは、「UNIXの哲学」の潮流の中にいるんだよ。今のUNIXじゃなくて、旧きよきUNIXのような根源的な考え方が背後にあるんだ。UNIXだと、背後にある哲学は、「何もかもファイル」だった(今でもそうだ)。gitだと、何もかもがデータベースで表現可能なオブジェクトなんだ。

'per se'って何だろ。以下原文:

Git, on the other hand, has some of the 'UNIX philosophy' behind it. Not that it is about UNIX, per se, but like original UNIX, it had a fundamental idea behind it. For UNIX, the underlying philosophy was/is that, "Everything is a file." For git, it's, Everything is just an object in the content-addressable database."