働かざる者喰うべからず

=「労働しない者は毎日の食事にありつくことができない」


参考:情けは人のためならず
=「情けをかけることは他人のためではなく、自分のためである」