読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

李登輝、日本の子供たちに語る

  1. 【日本の子供たちへ】(1)伝統の中に進取の精神
  2. 【日本の子供たちへ】(2)いまこそ武士道が必要
  3. 【日本の子供たちへ】(3)日本文化の形成とその特徴
  4. 【日本の子供たちへ】(4)日本文化の形成とその特徴
  5. 【日本の子供たちへ】(5)日本文化の形成とその特徴
  6. 【日本の子供たちへ】(6)日本文化の形成とその特徴

最近の日本のエリート教育とはちょっと方向性が違うというか、そういう社会になりつつあることに対して彼はどう思っているんだろう。怪しからんということもないだろうと思うのだけれど。

ま、あとは、技術の進歩と社会や制度・慣習の変化をどういう風にビジョンを描いていけばいいのだろうという疑問になるのだけど、どうなんだろう。今のところ、それが奇妙な形で表出しつつあって、都市と農村とか、地縁と血縁とか、そういうものがネットや交通機関、経済のグローバル化によってどんどん破壊されているんだけど、その中でどう変わっていくべきなのか、変えべきでないのか、あるいは、変化するまま自然に任せるのがよいのか。訊きたい。