読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きてるだけで丸儲け

酔った勢いに任せて書きますが何か最近つまらんですよね。テレビをつけてもやれ中国がどうのOXAWAがどうのと似たような話題ばかりの繰り返しです。インターネットに目を向けてもそれは同じ話で、やれHadoopがどうなったの、GoogleとYahooとM$がTechCrunchとAOLうっふーん、あっはーんという感じだったり、巷ではスカラとかいう言語が注目を浴びていたりします。ぼくはみんなと仲良くしたいのでスクルト!!とか唱えたりしますが個人的にはオキャムルとかもちょっと特化したものが好きだったりします。IT技術者が日の目をみる日を夢見てさあ神に祈りましょう、アーラン。あとコック?て読むんですかね、計算を使って定理を証明しよう!みたいな営みがあって割と嫌いじゃないんですがCockと発音が同じだったりするのが苦手っちゃ苦手です。それを言ったらイチローだってIchy rowなわけですがこれはましゃーない。
話が逸れましたが、Twitterみてもそうですよね。あれはウソついてたマスコミの真実を暴く装置ではなくて、世論よりもむしろ感情を増幅する装置となってしまっているわけです。ま人間性というのは感情と理性にあって、どちらも人間の両輪なわけですから感情を優先することが悪いとはいいません。いいませんが、感情に最適化した世界というのはいささか不気味でもあるわけです。政府というかお上という権力装置が何のためにあるかというと、結局、弱肉強食の国際情勢の中で国というかわたしたちが生き残ることが本来の目的なわけです。国民が幸福であることを目的にするのか、国民が生き残ることを目的にするのか、こういう究極の選択をどう想いますか?
この手の質問はいわばウンコ味のカレーとカレー味のウンコと同じパターンを示すことになります。幸せなまま死ぬのと不幸でも生き残ること、あなたはどちらを選びますか?というわけです。今、この世界にいきている生物はみんな、後者を選んだひとたちです。幸せなまま死ぬのは結構ですが、それはとても利己的な選択なのですよ?わかっていますかね。まー自分が幸せなら子供の世代がどうなろうが知ったこっちゃないという人は沢山いますから(もしかしたら30年後わたしもそっちがわにいるかもしれない)、何事も中庸が肝心かとは思います。翻って、その茶色の流動体がウンコなのかカレーなのかは排他的で妥協できる解がない問題ではありますが、不幸であることと生き残ることというのは、何とかして妥協できないことはないかなぁと思います。
さて、以前知人に「自分は親の家族計画外に産まれてきたらしい…」と言っている人がいて、その場では私は何とも答えづらくてというかアドリブ弱いのですねハイ。もとい気まずい雰囲気になりまして、ここで気の利いた一言が言えるようならモテる側で殺伐してなかったんだろうなと思います。が、私も子供の頃からそれはずっと悩んでいた問題で、親が望んでいようがいまいが自分は何のために産まれてきたのだろうか、とか、この世に生きていていいのだろうかとか、意味があるのだろうかとか考えるものです。他がどうだろうが自分は!!っていう人種は大抵リア充なのでこの際関係ありません。
この種の問いに対しては、最も期待外れの答えしかできなくて「そうですよ、別に望まれてなくても生命は誕生してしまうのです」というのがホントのことなんだけど、望まれてような望まれてなかろうが、どんなにゴミみたいな生命だろうが尊いことは変わらないのです。ええもちろん分かっていますよね。問題はなぜ、という過去とか因果を遡ることではなくて、未来とか因果を下ることなのです。産まれてきてから何をするか。それがなくても、自分が何をしたいか、何を成し遂げたいかを明確にするべきです。
そうでない人間はまあ生き残っても悪くはありませんが、子々孫々に価値を残したことにはなりません。今の時代Geneを遺すよりもMemeを遺す方が価値があるのですよ。
翻って我が家の王子様がどうなるかですが、私は自分が30年ほどかけて学んできたことを3年〜10年かけてみっちり仕込んで、彼には彼自信のための人生を生きてほしいなと思います。
もとい、最近退屈なのはどうしてなんでしょうか。息子が育っていく様はとても面白いですが、それに比べて世界が色褪せたかというとそういうわけでもないです。私にとっての世間が狭いからなんでしょうかね。インターネットと職場。それだけ。どちらも見聞きする範囲が狭いですから、つまらないのは本当でしょう。じゃあ私が面白いと思っていることは何だろう?と考えると、それもやっぱりインターネットと職場なんですよね。まあ要は日々の生活に追われてるっていうことです。目指すべきは高等遊民ですよ。「君は将来どうなりたい?」と訊かれても「不労所得で遊んで暮らしたい」以上の何もありません。青春時代にあれだけ悩んた答えは何だったのだろうかと思えるほどに今は虚ろです。空即是色色即是空。
みなさんも人生には過度に期待しないように。かといって絶望もしないように。絶望したら終わりです。働いたら負けとはよくいったものですが、働こうがニートやってようがどうしようが人間終わりじゃありません。一旦絶望するのは大変よいことですが、ちゃんと深淵から帰ってきてくださいね。んじゃっ。