読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ソラリスの陽のもとに」読了

ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)を読んだ。ソフト屋さんとしては、UNIXのアレの名前の由来となった(要出典)本なので押さえておかねば。それにしても邦題が"Under the Sun of the Solaris"とは、なんとも…。

本編の主題は、「コンタクト」。異星の生命体とはどのようなものが想像されるのか?人類と比較してどのようなものが想像されるのか?
それにしても「幼年期の終わり」といい、SFは人類よりも強大なものが異星の生命体として示されるようだ。