読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBookを1.998kgくらいに軽量化する方法

現在、MacBookは2.04kgと仕様では書かれている。これは、最安値版のまくぶくの値段で、HDDのプラッタやメモリのチップなどのサイズの違いにより重量に差が出ると考えられる。そこで、これらの部品の一部での軽量化を試みた。

いや、本当の目的は軽量化ではなくてSSD化なんですけどね。ストアによれば、

  • 160GBシリアルATAドライブ@ 5400 rpm
  • 250GBシリアルATAドライブ@ 5400 rpm [プラス ¥11,550]
  • 320GBシリアルATAドライブ@ 5400 rpm [プラス ¥23,100]
  • 128GBソリッドステートドライブ [プラス ¥80,850]

とあるので、128GBのSSDにするだけで8万円も余分に払わなくてはならない。中に入っているのが爆速で有名なIntelSSDなら納得いくというか割安かもしれないが、買う前からそれは分からない。なので秋葉原で同容量のSSDを購入して、自分で交換してしまおうというわけだ。大体今の白MacBookだって、120GB HDDで容量余ってるんだから、250とか320にするメリットはあんましない。なので高速かつ振動とか落下とか落下とか落下に強いと噂のSSDを使ってみようと思った次第だ。

f:id:kuenishi:20090112021920p:image

いないとは思いますが、この記事を参考に換装してみる方は、くれぐれも自己責任でお願いします。

事前準備

まず、何を買うのかはっきり決めておく。私の場合は、「軽い」「1280x800以上」「US配列」くらいの要件だったので、

の二択で相当に迷った。結果的に買ったものとは全然違うものだったが、よく考えたらWindowsなんて仕事でしか使わないので不要だ。OMEとはいえWindowsは極力買いたくない。それにiPodiPhotoのデータどうすんだよ、ということでMacの一択に。完全にロックインされていますね、はい。それにしても、Air高杉。うーん。あのスペックは微妙だし日和るよなぁ…ところでメモリ今いくらなのかなぁ…などと思いながら、kakaku.comをみていると、(中略)、戦略として、MacBookは今2.04kgだし軽いし、まだ若いし*1、人柱ももう何人もいるみたいだし、で

  • 最安のMacBookを買って、バルクSSD(128GB)で換装

という戦術をとることにしました。

で、いろいろ調べた結果、MacBookで換装実績がありそうで価格も手頃なOCZ, Patriot Memory, Transcend辺りをメモって行った。

Apple Store銀座

前の白MacBookを買うとき、新宿ヨドバシではUS配列のものを調達してくれなかったので日本の総本山に直接行くことに。ポイントつかないけど、仕方ないか。
連休の中日で午後は混むし、夕方は予定あるし、で朝一番(10:00開店)で行くことに。人が少なくてよかった。1階から4階まで一巡して、一回でまくぶくを見て、HDDの換装できるかなぁ、とか裏返して見ていると、店員のお姉さんが「開けてくださっていいですよ〜」と言うので、遠慮なく電池パックのところを開けてみた。この時間帯じゃないと、ここまで構ってもらえないだろうし、人が多いところでこんなことするのも微妙なので、朝一番に来て大正解でした。
ちなみに、後ろを開けると、そこにHDDもほぼ丸裸で入っていて、換装も簡単そうなので安心して即決。US配列も在庫があるとのことで*2、安心。さらに、ピンで買うと40K円するM$ Officeが、同時購入で19K円とのことでついカッとなって購入。

余談だけれども、腹が減ったので、この後近くの吉野家に行って牛丼食べてたらアップルストアの袋持った兄ちゃんが一人で来たので、行動パターン同じで笑ってしまった。店の中で商品開けて確認してんなよ。なんだかこっちまで恥ずかしかった。先に来たのは俺なのに。

秋葉原

MacBookの箱がかなり小さくて持ちやすかったので、コインロッカー不要と判断しまくぶくを持ったまま秋葉原を徘徊。朝も早よからチラシ配っているお姉さんが沢山いました。で、リナカフェ前から価格比較スタート。クレバリードスパラ〜TWO TOP〜クレバリーと一巡して、TranscendのTS128GSSD25S-Mに決定@クレバリー3号店。秋葉原は多様な容量があってよかった。量販店じゃこうはいかないもんね。IntelSSDは250MB/sの爆速だけど、値段も3倍でした。今回は目的があって時間がないので、欲しいものを買ったら徘徊せずに即撤退。

HWちぇっく

帰宅後、MacBookのシステムや、中に入っているディスクが壊れていないかとりあえず起動してみて確認。

f:id:kuenishi:20090112021923p:image

どうせすぐに潰すから本当はやりたくないんだけど、まあ仕方ない。

ディスク換装

MacBookをひっくり返す。
f:id:kuenishi:20090112021924p:image
レバーをペコっと押すと、テコのように反対側があがるので、そいつを引っぱり上げる。
f:id:kuenishi:20090112021925p:image
すると、カバーがベコっと浮くので、そいつを慎重に外す。
f:id:kuenishi:20090112021926p:image
HDDは左側(キーボードのホームポジションで右手首の下の辺りのとこ)にある。一番細かい+ドライバーでネジをひとつはずして、タグを引っ張ると簡単に浮く。

で、大変なのは、HDDについているネジ(六角ドライバーが本当は必要)。
f:id:kuenishi:20090112021928p:image
でも、六角ドライバーがないので、ラジオペンチで無理矢理回して外した。ラジオペンチで外せます(保証も推奨もしません)。

で、ネジ止めて、ひっくり返して、換装完了。

これが軽量化

もともと入っていたHDDが97gで*3
f:id:kuenishi:20090112021927p:image
買ってきたSSDは55g。
f:id:kuenishi:20090112021929p:image

ということは、これで、42gの軽量化!*4 公称2.04kgのMacBookがついに2.00kgの壁を突破するのか…? 今、1.998kgぐらいじゃないのか…? と思って、うちの体重計に乗せてみたんだけど、2.0kgは量れないらしい。残念。誰かそれくらいの秤持ってないですかねー?

MacOS 再インストール

付属のDVDを入れて、Cボタンを押しながら起動。って、これは8年前の知識なんだけど、今もこれで合ってるのだろうか。別にCを押す必要はなかったかもしれない。

ここでの注意はひとつ。インストールを開始する前にディスクユーティリティを使ってパーティションを作ってフォーマットしておきましょう。じゃないと、僕のように「え?SSD認識されてない?もしかしておとなしくSSD付きのを買っておけばくぁswでfrgtyふじこl」と慌てることになります。

まとめ

20万円弱でMacBookSSDに換装し、2.00kgの壁を突破した(と思う)。コツは朝一番に行動することだと思う。

*1:Airクラスのものはもっと歳をとって金持ちになってから買おう

*2:これを言うとき、店員のお姉さんは自信満々だった

*3:追記:なんか写真見たら95ってなってる。なんで数字を捏造したんだろう。。。

*4:正確には40gですね