読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日米に関するアネクドート

アメリカと日本が、10年ごとに、ミズーリ川でボートレースをする
ことになった。
1980年、日本チームが圧勝。アメリカは敗因を分析した。結論は
はっきりしていた。日本は漕ぎ手が8人で、舵取りが1人だったが
アメリカは漕ぎ手1人に舵取り8人だったのだ。
1990年、前回の反省をふまえ、アメリカは、普通の舵取り4人、
ミズーリ川に詳しい舵取り3人、双方の舵取りの連絡役1人に
した。漕ぎ手はやはり1人だが、筋力を強化し、報酬を高くした。
もちろん、また日本が勝った。
2000年。アメリカはボートをハイテク化し、漕ぎ手1人でもよい
ようにした。これに対し、日本もさらにチームを強化した。
漕ぎ手を9人にしたのだ。
舵取りを失って、日本は大敗した。

人月の神話ワロスwww