読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国人から見たチベット動乱

多民族国家には多民族国家の在り方があるし、バルカン半島の事例を思うと納得しかける…が、クルド人チェチェン人の現状を思うとやはり是とは思えない。日本とかUS/UKと同列に扱うのも違う(少なくとも、いつでも民主的に独立する権利が制度として担保されている…はず)。元や清の例を挙げているが、元はモンゴル人による、清は満州人による侵略国家ですね。そして国際法上は侵略国家も認めていないし、USもUKも過程はともあれ、今は民主的な連邦国家
ダライラマとCIA/MI6の関係については…ホントのとこどうなんだろね。