読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビルゲイツに感動した

彼にも、やっぱりアメリカ人開拓者の血が流れているらしく、それはシリコンバレーの楽観主義と同質なんだと思う。なぜなら、彼は講演中に何度も"Optimistic"と繰り返していたから。こういった存在が許される土壌が、日本ではもうどこにも存在しないのだとしたら、シリコンバレーばかりを見るのではなくて、欧州におけるITの産業構造も調査する必要があるのではないかと思った。「あとで調べるかも」タグ。

via sam-karoのビジネスイノベーション探求